筋肉痛

筋肉痛で眠気やだるさがくる理由と解消方法!早く回復させて元気になろう!

筋肉痛になると同時に同じの部位にだるさを感じたり、眠気を感じてしまうということありませんか?

朝起きて筋肉痛になっていて「だるっ!」ってなったり、目が覚めても痛みと一緒に眠気があることもありますよね。

そういった筋肉痛と一緒にくるだるさや眠気がどういった原因で起こって、どうやって解消すればよいのかをお伝えしていきます。

筋肉痛で眠気やだるさが来る原因は?

疲労

筋肉痛で眠気やだるさが来る理由の一つは疲労がたまっているからです。

筋肉痛になるのは筋繊維が傷ついて疲労物質が発生するためです。

だるさは筋トレをした後にその部位がだるくなります。

筋肉痛になっても同じように疲労物質がたまっているため、だるく感じる期間が長くなってくるのでしょう。

ただ個人的な感覚ですが、痛みが出ていてもだるさは1~2日でとれるような感じがします。

この時に眠気がきているのも、疲労がたまっているからです。

前日の運動や筋トレをした時に疲労がたまって翌日に疲労が回復しきっていないと眠気を感じてしまうことがあります。

しっかり追い込んだ運動や筋トレをしたり、ランニングを行ったりすると疲労がたまってくるので、翌日まで疲労が残ってしまうことがあり、眠気がでてしまうのでしょう。

私はしっかり寝るようにしているので、疲労による眠気は大丈夫です!

むしろ仕事疲れのほうで帰ったら眠気MAXですが(笑)・・・余談でしたね。

夜遅くの運動・筋トレ

夜遅くに運動や筋トレをすることで、興奮状態が夜遅くまで続いて眠れなくて翌日に筋肉痛になったときにだるさや眠気を感じるという事があります。

これは筋肉痛が直接的な原因ではありませんが、一緒に眠気とだるさを感じる原因としては関係があるのかなと思います。

私も経験があるのですが、夜11時まで運動をしていて、そこから帰宅して寝ると12時半ころになるのですが、それでも目がさえてしまって全然眠れないという事がしょっちゅうありました。

よくサラリーマンの方ではありがちですが、仕事から帰って準備して夜9時以降にトレーニングを開始して、、と開始からおそくなります。

そこから帰ってウエアの洗濯などをしていたらやっぱり寝るまでが遅くなってしまいますね。

夜寝るのが遅くなるくらいの時間に筋トレをするのはやはりあまりお勧めはできませんね。

スポンサードリンク

筋肉痛でくる眠気やだるさの解消方法

栄養補給

筋肉痛のだるさを早く回復させるためには栄養補給という面も重要です。

早く筋肉痛から回復させると、だるさや疲労感による眠気というのも解消が見込めるので、栄養バランスの良い食事をとられるのをおすすめします。

また、プロテインを飲むというのも方法の一つです。

タンパク質は筋肉のもとになる栄養素なので、プロテインを飲むことで栄養を補給することができますね。

それによって、だるさや眠気といった作用へ間接的に効果を出してくれるものかと思います。

睡眠

睡眠は筋肉痛でのだるさや筋トレや運動の疲労からくる眠気の解消には効果的です。

筋肉痛は寝ている間に大きく回復していきますので、睡眠をしっかりとることはだるさや眠気の解消だけでなく、筋肥大にも大きく影響してきますよ。

逆に十分な睡眠が取れていないと、疲労が取れずにだるさや眠気がまだ残ってしまうことにもなりますので、睡眠時間や睡眠の質には十分注意しましょう。

最低でも12時には眠りにつけるように努力されるのが良いと思いますよ。

あと、運動も寝る2~3時間前には終えておく方が良いです。そのため、9時までには運動や筋トレを終えて、目がさえて眠れないという事にならないように気を付けてくださいね。

私も極力12時には寝るようにしています。眠いときには10時半でも寝ることもありますよ!

筋肉痛の解消

筋肉痛を早く治すことに注力されることでもだるさや疲労からくる眠気には効果的です。

マッサージ、ストレッチ、お風呂、湿布など、早く治すための方法はたくさんありますので、実践していただいて早く治せるようにしてみてください。

私は筋肉痛のだるさが何となく心地いいので、そこまで早く治すためのケアはしていませんが、このだるさを早く治したいと思われる方はしっかりケアされるとよいと思いますよ。

スポンサードリンク

まとめ

筋肉痛といっしょに起こるだるさや眠気の原因と、その解消法についてお伝えしてきました。まとめますと以下になります。

筋肉痛と一緒にくるだるさ・眠気
  • だるさ・眠気の原因:疲労・夜遅くの筋トレや運動
  • 解消法:栄養補給・睡眠・筋肉痛からの早い回復