プロテイン

プロテインを飲めば痩せるのか?ダイエットで使うなら置き換え!

プロテイン痩せる!なんてことができるのか、プロテインのことをよくご存知であれば自ずとわかることもあるかもしれませんが、痩せないとも言い切れないこともあります。

ダイエット置き換えて使われる方もいらっしゃるので、実際にプロテインで痩せられるのか、ダイエットに使えるのかという事についてお伝えします。

プロテインは痩せてダイエット効果はあるのか?

プロテインが魔法の薬のようなものと思われている方もいらっしゃるので、プロテインに痩せる力があるのかということをお伝えしていきますね。

実はこんな効果も?というものもありますので、ご覧ください。

飲めば痩せるというものではない

プロテインは飲めば痩せるというものではありません。

なぜかといいますと、プロテインはサプリメントすが、タンパク質を補給するサプリメントであるため、プロテイン自体に痩せる効果を期待するのはお角違いというわけです。

ただ、筋トレや運動などとプロテインを組み合わせることで、プロテインは効果的です。

筋肉を付ける→代謝が良くなり消費カロリーが上がる→痩せやすい体になるという流れがあり、「筋肉を付ける」というところでプロテインは役に立ちます。

そのため、プロテインそのものが魔法の薬のように痩せるというものではありませんが、プロテインを飲むことで筋肉を付けることの補助になるので、間接的には痩せる・ダイエットをするためには役に立つと言えますね。

プロテインは飲めば痩せる魔法の飲み物ではない!

ソイプロテインは脂肪燃焼効果がある?

プロテインには牛乳のタンパク質で作られるプロテインと、大豆タンパク質で作られるソイプロテインというものがあります。

ソイプロテインの原料になっている大豆タンパク質やイソフラボンには脂肪燃焼効果があるといわれているため、痩せるためには一役買ってくれそうです

脂肪燃焼効果があると言っても、飲めば必ず痩せるというものではないため運動とセットで飲まれることで脂肪燃焼効果が期待できるという事をお忘れなく。

脂肪燃焼効果も含め、ソイプロテインは満腹中枢を刺激してくれるのでダイエット期にはお勧めですよ。

ダイエット期に飲むのであればソイプロテインは良い効果が!

プロテインでダイエット・痩せるなら置き換え!

1食を何か別の食べ物に置き換える「置き換えダイエット」という方法がありますが、プロテインに置き換えるという方法は個人的には良いかなと思います。

理由は簡単で、筋肉量を保つ為のタンパク質をとれて摂取カロリーを落とせるからです。

痩せる(脂肪を落とす)にはカロリー計算が重要

プロテインを使いながらダイエットして痩せるという事を考えると、1日の摂取カロリーと消費カロリーを考えることが大事です。

自分の消費カロリーは消費カロリーをすぐに出してくれるサイトがあるので、「消費カロリー 計算」で簡単に出してくれます。

私はだいたい1日の消費カロリーが「2400キロカロリー」と出ました。

この2400キロカロリーを例にすると、摂取カロリーをこの2400キロカロリーの消費カロリーより減らすと少しづつダイエットで痩せていくという事になります。

この時に、筋トレを一緒にしておけば、筋肉がエネルギーとして消費されずにリバウンドしづらい体になるわけです。(また別の話なので、カロリーの話に戻します)

カロリーだけでいうと、この摂取カロリーを控えるためにプロテインを使うと良いという事です。

1食をプロテインに置き換える

プロテインをダイエット目的として置き換えに使うのであれば、1食をプロテインに置き換えすると良いです。

筋肉は常に分解と合成を繰り返しており、運動をされていない方であれば、1日当たり体重kg×0.76gのタンパク質をとると筋肉量を維持することができるとされています。

運動をしている方は体重kg×1.2~2gが筋肉量維持のために必要なタンパク質量です。

筋肉量を維持ししつつ痩せるためには、タンパク質量を一定量以上摂る必要があり、さらに摂取カロリーの量を減らす必要があるので、プロテインで1食を置き換えるというのは非常に都合が良い方法です。

例えば、朝食をプロテインに置き換えるだけでカロリー量を減らすことができます。

プロテインはだいたい1食100キロカロリーです。サンドイッチ(300キロカロリー)と置き換えた場合、200キロカロリー分が減らせるわけです。

200キロカロリーを1か月続けると、200キロカロリー×30日=6,000キロカロリーです。これはかつ丼で約6杯分になります。

これだけ置き換えられると、脂肪も減らせられるので、プロテインで置き換えられるというのはダイエットで痩せるための一つの方法かなと思います。

1食プロテインに置き換えると摂取カロリーを減らせ、タンパク質の摂取量は維持できる。

ダイエットに使うならどんなプロテインが良い?

プロテインにも3種類あり牛乳のタンパク質で作られているホエイプロテイン、カゼインプロテインと大豆タンパク質で作られているソイプロテインがあります。

よく手に入りやすいのはホエイプロテインとソイプロテインです。この2つはどちらも良い特徴があるのですが、ダイエットにはどちらを使った方が良いのかをお伝えします。

ダイエット期にはソイプロテインがおすすめ

筋肉を付けることにソイプロテインはあまりおすすめができませんが、ダイエットをして脂肪を燃やして痩せるというときには、ソイプロテインがおすすめです。

ダイエットの前には筋肉量を増やすことが大事であり、その時には吸収が早いホエイプロテインがお勧めです。

カロリーを減らすダイエット期にホエイプロテインでも良いのですが、ソイプロテインは満腹中枢を刺激したり、脂肪燃焼の効果が期待出来たりと、ホエイプロテインよりもダイエットに向いています。

逆に、筋肉を付けたいときにはソイプロテインではなく、ホエイプロテインのほうが向いていますので、使い分けをされると良いですね。

ダイエット期にはソイプロテインがおすすめ。

筋肉量を増やすときにはホエイプロテインがおすすめ。

まとめ

プロテインで痩せられるのか?という事についてお伝えしてきました。

まとめますと以下になります。

プロテインで痩せられる?
  • プロテインはタンパク質の補助食品だからそれだけでは痩せられない
  • 置き換えダイエットとして1食をプロテインにするならカロリーを減らせて一役買う