プロテイン

プロテインをホットに飲むにはお湯で割る?爆発に十分ご注意を!

寒い日なんかにはプロテインを飲むのにホットにして飲みたいという方もいらっしゃいますよね。

お湯で割ってしまえば手っ取り早いとお考えかもしれませんが、ちょっと待ってください。

お湯で割って飲むと気を付けなければならないことが出てきます。

水で割って飲むときとお湯ではどんな違いがあるのか、お伝えしていきます。

プロテインをお湯で割ってホットにするとどうなる?

プロテインをお湯で割ると、水で作るときとは違ったことが起きます。

まずタンパク質が熱変性します。そしてその影響で触感変化する可能性がありますね。

単純に味が変化しますし、ビタミンなど熱に影響を受ける栄養価もあります。

一つ一つお伝えしていきますね。

タンパク質の熱変性する

タンパク質は熱をかけると変化しやすい性質をもっています。

例えば、卵をゆでると固まってゆで卵になりますよね?極端に言うとあれと同じことが起きてしまいます。

特にホエイプロテインは熱の影響を受けやすく、80℃ほどで熱変性を起こしてしまいます。

しかしながら、カゼインプロテインやソイプロテインは熱変性が起こる温度が異なり、100℃ほどでは熱変性が起こらないとされています。

この熱変性が起きた時はタンパク質の構造が変化しただけなので、成分が失われるという事は起きません。つまり、必要なタンパク質は減らないという事ですのでご安心いただければと思います。

だまになりやすい

タンパク質が熱変性することの影響としてお湯で割ろうとするとプロテインの粉末が塊になってしまう、通常「だま」と呼ばれるものになってしまうことがあげられます。

水で割るとちゃんと溶けて塊にはならないのですが、タンパク質の熱変性の性質上、温められると固くなるのでだまになりやすいです。

だまができるとプロテインは非常に飲みづらくなり、だまが大きいほどへんな食感が出てきます。

だまを噛んで飲もうとしてもあまりおいしくはないので、だまができると嬉しくはありません。

味が微妙になる

バナナ味やレモン味など今はプロテインにも様々な味が出てきています。

これらは水や牛乳を冷たい状態で飲めば味はおいしいですが、温めると味が変化してしまいます。

先ほどのだまになり飲みづらくなったのと同様に、味が変化することで飲みづらくなることもあります。

温めて飲まれるときにはいつも味とは違うという認識で飲まれることをお勧めしますよ。

ビタミンなど栄養価の低下

ビタミンは熱が加わると栄養価が低下してしまう可能性があります。

プロテインの種類によっては筋肉の合成を助けるために様々なビタミンが含まれているものが多々あります。

例えば、「爆発系スポーツのアスリートのために」とか「持久系のアスリートのために」などといったプロテインの商品には違ったビタミンが入っていたりします。(例は実際に存在する商品ではありません。あくまで一例です)

そういったビタミンが入ったプロテインですので、温めることでビタミンの栄養価が下がってしまう可能性がありますね。

スポンサードリンク

プロテインをお湯で割ると爆発する?

画像のような火薬が爆発するような爆発ではありません(笑)。シェイカー「ボン」となるかどうかという事です。

爆発するとまではいえませんが、爆発しないとも言えません。

作り方によってはプロテインが「ボン」と噴き出して食卓がテロになる可能性があります。

部屋が汚れてしまわないように、お湯で作られるときには注意されると良いですよ。

最悪爆発する

プロテインを熱湯でシェイクすると、空気が膨張して噴き出してくるという実例が多数あります。

これを爆発と読んでしまうと爆発することはありますね。

空気は温められると膨張するので、プロテインのシェイカーの中の空気が膨張して爆発とまではいかないかもしれませんが吹きこぼれてしまうという事ですね。

最悪、シェイカーの蓋が中の空気の膨張の圧力に耐えられなくなり外れてしまってはじけてしまうという事もあり得ます。

そのため、熱湯で割ってシェイクするといったことは避けておかれる方が良いですね。

台所でシェイクされるとまだ爆発した時の掃除はましですが、机や服につくと洗濯や掃除に手間がかかりますので、爆発しないような作り方をしたほうが良いですよ。

スポンサードリンク

プロテインをお湯でホットにして飲むときの作り方

では、どうしてもプロテインをお湯で飲みたいというときはどうしたらよいのでしょうか?

答えは簡単で、水で割ってからレンジで温めるのがお湯でホットにして飲む安全な方法です。

手順は以下のとおりです。

プロテインをお湯で作る方法
  1. シェイカーに水を入れる
  2. 水を入れてからプロテインを入れる
  3. シェイクして混ぜる
  4. 十分に混ざったらコップに移す
  5. コップでレンジで加熱する

水を入れてからプロテインを入れるのがコツです。

水でもプロテインはだまになりやすく、逆だとシェイカーの底で粉が固まったりしてだまになることが多々あります。

この順番で入れると水でもだまになりにくいですよ。

私も経験がありますが、だまになるととても飲みづらくなります。

飲み物ではなく「なんか変なもの」が飲み物に混ざっている感じになるので、このだまで苦手になられる方もいるくらいですので気を付けた方がいいですよ。

最近飲むプロテインではだまになりづらいですが、メーカーによってはだまになりやすいプロテインもありましたので、作るときにはご注意くださいね。

スポンサードリンク

まとめ

プロテインをお湯で割った時の変化や爆発についてお伝えいたしました。

まとめますと、以下になります。

プロテインをお湯で飲む
  • お湯で飲むと?:タンパク質が固まる。ビタミンの栄養価が下がる。だまになりやすい。シェイクすると吹きこぼれる可能性あり
  • 作り方:水でシェイクしてレンジで温める

こちらの記事も合わせてご覧ください。