筋肉痛

筋肉痛が2日後に遅れるのはなぜ?実は遅いのに年齢は関係なかった!

筋肉痛が翌日に来ずに2日後とかに遅れるという事ありませんか?

年をとると筋肉痛が遅れてくるという方も増えてきますが、それはなぜなのか、高校生など若い方でも起きるのでしょうか?

筋肉痛が2日後以降に遅れてくる理由やメカニズムをお伝えいたします。

筋肉痛が2日後に遅れるのはなぜ?

筋肉痛になるのは筋肉の細かい繊維が傷つき、それを修復する過程で痛みの物質が出てしまうために筋肉痛という形で痛みが出ます。これを遅発性筋痛と呼びます。

その遅発性筋痛がなぜ運動や筋トレの翌日に出ずに2日後に出るのでしょうか?

年齢は関係ない

筋肉痛が2日後に出ることには年齢は関係ありません!こうお伝えすると、年を取ってから2日後に出るようになったという方は違うと思われると思います。

そこでお伝えしたいのが、筋肉痛が2日後に出るのは年齢ではなく、筋肉が活性化していない事と、運動強度が低い事が原因としてあげられます。

年齢を重ねることで、昔は運動習慣があった方が運動されなくなったりすると年を取ったから筋肉痛が出るのが遅くなったと感じられるという事です。

ある研究では、20代くらいの若者と高齢の方で同じくらいの運動強度の人たちを集め、筋肉痛のでる時間を調べた研究があるのですが、そこでは若者と高齢の方とでは筋肉痛が出る時間に差はなかったという結果がでています。

私の経験ですが、20代~50代の運動習慣あるなしの方々と一緒に同じ強度のスクワットをした翌日にはみんな筋肉痛になっていました。日頃全く運動していない方や、運動習慣のある方でも同じように筋肉痛がでたので、個人的な経験からも2日後に筋肉痛が出るのは年齢は関係ないと感じています。

では、筋肉の活性化と運動強度がどういった形で筋肉痛が遅れて出てくることに関係しているのでしょうか?

筋肉の毛細血管の発達

筋肉痛が2日後以降に遅れて出ることに関係しているのは一つは筋肉の毛細血管の発達が関係すると考えられます。

筋肉痛は筋繊維が傷つき、傷ついた筋肉を修復するために白血球が集まって痛みの物質が発生します。その痛みをひき起こす物質(刺激物質)が「筋膜」に届くことで痛みを感じるのです。そこには筋肉内の毛細血管がかかわっています。

出典:https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/39_kinnikutsu/

運動習慣がある方は、筋肉内の毛細血管が発達しているため、筋肉内に発生した痛みを引き起こす物質が筋膜まで運ばれるのが早いため痛みを早く感じるという事です。

逆に運動習慣がなく筋肉内の毛細血管が発達していない方は筋膜まで刺激物質が届くのが遅れるため痛みを感じるのが遅いという事です。

そのため、運動習慣がある方とない方が同じ強度で筋トレなどのトレーニングをされた場合、運動習慣のない方のほうが筋肉痛になるのが遅いという事が考えられます。

運動の強度が低い

運動強度が低いと筋肉痛が翌日ではなく2日後に出ることがあります。かなり厳しいトレーニングでオールアウトするくらいの筋トレをすると、筋トレ翌日には筋肉痛が出たりします。

ただ、年齢とともに運動強度が下がって、本人がめいいっぱい運動したと思っていても体はそこまで追い込めていなかったりします。つまり以下の流れになります。

  • 運動習慣が減る→運動の強度が下がっている→運動すると低い強度がマックスになっていて筋肉痛が遅れる

このように、運動習慣がないと運動の強度が下がってしまって筋肉痛も遅れて出てしまうという事が考えられます。

先ほどの私の体験でも、運動習慣がない50代の方でもしっかりとスクワットで追い込まれるまで筋トレすると翌日には足がガクガクになるほどに筋肉痛が出ておられましたので、運動強度が高いとすぐに筋肉痛が出るのだと個人的には思っています。

そのため、翌日に出るのであれば、運動強度が低いのではないかと思いますよ。

スポンサードリンク

筋肉痛は若くても2日後に出ることはある?

先ほどお伝えしたように、高校生くらい若くても以下の2点を満たせば若くても2日後以降に筋肉痛が出る可能性があります。

  • 運動習慣がない・少ない
  • 運動強度が低い

高校生くらい若くても部活などに入っておらず日頃運動のしていなければ筋肉の毛細血管が発達がそこまでしていない可能性もあるので、筋肉痛が2日後以降に遅れて出る可能性があります。

あと、運動強度が低いと筋肉痛が出るのが遅い、もしくは全く筋肉痛にならないという事が考えられます。部活やスポーツをしている方でどんどん体が成長しているのであれば、以前の運動強度では強度が低くなってしまっていて筋肉痛が出るのが遅くなるかもしれません。

体が成長してレベルアップしているため同じ強度で筋肉痛が出なくなったら強度を上げていくのが良いと思います。レベルアップしていけば、昔の強度は楽勝になっていると思うので意識せずとも重さをアップさせたりと強度が自然と上がっていっているとは思います。

スポンサードリンク

筋肉痛か2日後に遅れて出ないようにするには?

筋肉痛が2日後に出ると「年を取ったな」と感じているかもしれませんが、運動習慣がない方は運動不足という事が考えられます。そのため、2日後以降に筋肉痛が出て少しへこんでいる方は、「運動をすること」が遅れて出ないようにするための手っ取り早い方法です。

筋トレなどの運動をするとメンタル的にも非常に良い効果があるため、運動をされるのは非常におすすめですよ。

運動習慣がある方で2日後に遅れてでてくるのであれば、運動の強度を見直しされるのが良いと思います。もしかすると自分の体がレベルアップして運動強度をまだ上げられるといった状態かもしれません。また、筋肉の毛細血管の発達も関係あるので、あまり気にする必要はないかと思います。

スポンサードリンク

まとめ

筋肉痛が2日後に遅れてしまう理由についてまとめました。

筋肉痛が2日後に遅れる理由
  • 年齢は関係ない
  • 筋肉の毛細血管の発達:運動の習慣があるか?
  • 運動の強度が低い

2日後になるからといってへこまずに、地道に運動していればすぐに筋肉痛になるようになりますよ!それか限界まで追い込んでみると翌日にすぐ全身が筋肉痛になりますよ(笑)