コンディション

筋トレ時のグローブ(手袋)をする5つの効果!これを知ったらグローブは必須かも

筋トレをするときにグローブを付けている方を見かけることってありますよね。

「筋トレでも手袋するんだ」と思った方は目の付け所がいいですね、グローブを付けるにはやっぱり意味があります。

野球選手でもバッティングをするときに今素手でバッターボックスに入る方はいないくらいバッティンググローブを付けていますよね。

これから筋トレでもグローブを付けてトレーニングする方が増えてくると思いますので、その手袋をしての筋トレの効果を知っていただくと良いのかと思います。

筋トレで手袋(グローブ)をするメリット

手が痛くない

バーベルやダンベルにはローレット加工がされています。

この部分ですが、高負荷でトレーニングをしていたり回数を重ねてくると、手が地味に痛くなります。

ローレット加工は滑り止めとして加工がされているため、必要な加工なのですがグリップが効くために手の皮膚にしっかりグリップして痛くなってしまいます。

痛くなる部分は手のひらの部分ですので、筋トレ用のグローブをするとその心配もなくなるという事です。

手のマメが減る

男性だけでなく、女性も筋トレをされる方が増えている今、バーベルを握る人は増えていますね。

そこで手にできやすいのがマメです。

マメができてしまうと手がごつごつしがちなので、女性の方は特に気になると思います。

マメも水膨れのようになってしまうほどのマメができてしまうと、もうダンベルもバーベルも握れませんし、マメがつぶれてしまうと、治るまでは痛くてダンベルもバーベルも握れなくなって高負荷のトレーニングもできなくなります。

潰れたマメが治るのが1週間ほどかかるので、確実に筋トレに影響が出てしまいますね。

そうなる前に、グローブを付けてトレーニングをすることで手にできるマメの防止に役立ちますよ。

事前にグローブを付けておくことで手にできるマメを防止できますし、潰れるほどのマメもできにくくなりますので、検討されているのであればグローブは付けた方が良いですよ。

手の汗による滑り防止

筋トレをしていると、どうしても汗をかいてしまいます。

手に汗をかくこともしばしば起きてまい、手汗が多くなるとダンベルやバーベルの握りが滑りやすくなってしまいます。

そうなると、最悪滑って落としてけがをしてしまう事もありますので、手のひらにかく汗には注意が必要です。

手汗でダンベルやバーベルが滑ることの防止に筋トレ用のグローブが役立ちます。

怪我をする前に、グローブを付けましょう!

手首が安定する(ケガ防止)

初心者などが陥りやすいですが、ベンチプレスなどの押す系の筋トレでは手首にも負荷が当然かかります。

手首まであるグローブを付けることで、手首にかかる負荷を軽減することができるため、筋トレをして手首のけがが発生することの防止になります。

いきなり重い重量などを扱うと、手首の周りの筋肉ができていないと簡単に痛めてしまう部位なので、筋トレをする際には注意が必要です。

筋トレに慣れている方でも1REPにチャレンジするときなどはかなり手首に負荷はかかりますし、上げられる重量が上がれば上がるほど手首に負荷はかかります。

そのため、初心者であっても中級、上級者であっても手首までカバーできる手袋を付けて筋トレをすることは全然恥ずかしいことではありません。

むしろ、けが防止になるため付けて筋トレすることのほうが良いですよ。

潰れるまで追い込める

例えばですが、懸垂(チンニング)をしているときに、まだ背筋は追い込めるんだけれど、握力がきつくなって追い込めずに中途半端でセットが終わってしまうという事があります。

こんな場合は筋トレだと非常にもったいなく、グローブをしていることで1セットの中で限界まで追い込むことが可能になり、効果的にトレーニングの効果を出すことができます。

特に引く動作が多い筋トレ種目、先ほどのチンニングやラッドプルダウンなどでは特に効果を感じやすいですよ!

あと1回を絞りだすことができれば、この手袋(グローブ)があったからこそ、今の筋肉ができている。。。と言えなくもないですね(笑)

筋トレ用の手袋(グローブ)は使うべき?

初心者や女性の方だと、グローブを付けてトレーニングをするのってどうかな?って思ってらっしゃる方は非常に多いです。

まだ初心者だし、つけていたらバカにされそう

女子が付けてたら「ガチでやってんの?」みたいな目で見られそう

など、不安な気持ちになるのはとても分かります。

しかし、はっきり言いますと「気にする必要はありません!」

人は思った以上にあなたのことを見ていませんし、別に初心者や女性の方がグローブ付けていても「つけてるな~」というくらいしか思いません。

みんなジムにはガチで追い込みに来ている人が多いので、人の恰好まで目が行くほど暇していませんので、グローブを付けようか悩んでいる方は付けた方が絶対いいです!

機能性を考えてみても、つけない理由がないですよね。

もし、「初心者なのにつけてるってマジかよ」とか「女子がグローブを付けてるって何?」など言われるようでしたら、こういってやりましょう。

「あなたより真剣に考えて筋トレしてるんです」

まとめ

筋トレをするときにグローブ(手袋)を付けることの効果についてお伝えしてきました。

いろいろとお伝えしましたが、お金はかかりますが良い効果が多いため私個人の意見としてはグローブを付けたいなら付ける方が絶対いいですよ。

ただ、どうしてもお金がかかってしまうため、ご自身の財布とご相談されてくださいね。

筋トレにグローブが良い理由

手袋・グローブのメリット:

  • 手のひらの痛みの防止
  • 手にマメができずらい
  • 手汗での滑りの防止
  • 手首のケガの防止
  • 引く筋トレが最後まで追い込める

こんなグローブがおすすめされているので、一度見られても良いかと思います。