腹筋

腹筋ローラーだけで果たして痩せるのは可能か?実はこれが一番重要!

腹筋ローラーをすると腹筋の脂肪が燃えて痩せるなんて事を考えたことありませんか?

なんか理想としてはそんなことがあればいいなと思ってしまいますが、現実はそんなに甘くはありません。

というよりか、腹筋ローラーと痩せることについての関係性をしっかり理解している方が格段に結果が違ってきます。

自分の目標に対して何をしていけばいいのか、腹筋ローラーが果たして適切な手段なのかというところに対しても目を向けられると良いですね。

腹筋ローラーで痩せることはできる?

腹筋をすればお腹が痩せるという幻想

腹筋ローラーを含め、腹筋をするとお腹が痩せるとかなりの方は思っているかもしれませんが、それははっきり言うと幻想です。

痩せるためには体脂肪を落とさなくてはいけません。

しかし、腹筋運動など、筋トレでは体脂肪を燃やしているのではなく糖質をエネルギーに変えて燃やしています。

そのため、筋トレ自体で体脂肪はほとんど燃えません。

だから、腹筋ローラーだけを行ってもお腹の脂肪はそこまで燃えずに痩せないという事です。

では、腹筋ローラーにはどんな効果があるのか、お伝えします。

腹筋ローラーは筋肥大には効果的

腹筋ローラーは筋トレの強度は高いので筋肥大のトレーニングとしては効果的です。

痩せるのではなく、筋肉を付ける方向ですね。

筋肥大のため、腹筋の凹凸がよりはっきりわかるようになりますし、女性は体が引き締まるためウエストに効きます。

ただ、筋肥大はあくまで形の問題であり、体脂肪が減少しているわけではありません。

そのため、腹筋ローラーでガンガントレーニングしても痩せるという事には残念ながらつながりません。

筋肥大からの代謝アップは狙えるが・・・

そもそもですが、筋トレ自体で痩せるという事はあまり考えるべきではありません。

筋肉がついて基礎代謝が上がって、それで痩せるという事は考えられます。

ただ、基礎代謝を上げて痩せるならば、体の中の大きな筋肉を付けていく方がよっぽど効率的です。

大きな筋肉といいますと、大胸筋、広背筋、大腿四頭筋です。

なので、腹筋ローラーをすれば、腹筋の筋肉量が増えて代謝が少し上がる可能性があり、代謝が上がることで痩せやすい体になることが考えられますが、大きい筋肉を鍛えた方が代謝の量も、得られる結果も違います。

そのため、腹筋ローラーで代謝UPを狙っての筋肉をつけることは少しおすすめしかねます。

腹筋ローラーでの筋トレは筋力・筋肥大UPを狙いましょう

腹筋ローラーは代謝UPを目的とするのではなく、筋力や筋肥大を狙ってトレーニングするのが良いでしょう。

男性であれば腹筋が筋肥大すれば6パックの凹凸が大きくなります。

女性はテストステロンが低いので筋肉は大きくなりづらいためウエストが引き締まります。

これらのように、腹筋ローラーは痩せることを目的とするのではなく、筋肥大や筋力アップを目的としてトレーニングをすると、得られる結果にがっかりすることもないでしょう。

代謝アップは大きい筋肉(大胸筋・広背筋・大腿四頭筋)で、腹筋はボディメイクに役立てるという目的で行うと良いですね。

スポンサードリンク

腹筋ローラーだけでは痩せるのは難しい!

痩せるには食事制限が一番重要!

痩せるためには腹筋ローラーではなく、一番重要なのは食事制限です!

運動と食事制限の重要度の割合は1:9ほどのです。

私も10キロほどのダイエットに成功した経験がありますが、食事を変えた方が結果がすぐに出ます。

痩せるためには「消費カロリー>摂取カロリー」の構図が必要になります。

食事を変えずに消費カロリーを増やそうとしてもなかなか難しいです。

かなりハードな運動を毎日しなくてはならないため、挫折する原因にもなってしまいます。

そして、続かなくなってしまって結果的にダイエットに失敗してしまうという事になりかねません。

簡単な食事制限にトライ!

非常に簡単な食事制限ですが、炭水化物を減らすという「炭水化物ダイエット」は手軽に取り組める食事制限です。

現在の日本の食事は炭水化物が非常に多く、摂取カロリーがとても多くなりがちで、タンパク質の摂取が少なくなりがちです。

1食だけでも炭水化物を抜く、もしくは少なくすることで摂取カロリーを減らすことは簡単にできます。

ご飯1膳でだいたい300キロカロリーです。それと同じくらいのカロリーを消費するにはランニングでだいたい20~30分走らなくてはなりません。

私もやっていましたが、慣れてくれば全然苦ではなくなってきますよ。

腹八分目、少し物足りないくらいで食事を終えられるのがちょうど良いですよ。

ただ、完全に炭水化物をゼロにするのはNGです。

炭水化物がないと人間は活動できないため、筋肉を削ってエネルギーに変えようとします。

そのため、炭水化物は少し減らすというくらいにとどめる方がいいですよ。

食事制限は「筋トレ&タンパク質」が必須!

食事制限には筋トレは必須です!そのため腹筋ローラーを活用されるのはありですよ。

食事制限で一番怖いのは筋肉量が減ることです。

筋肉量が減ってしまうと代謝が落ちてしまい、太りやすい体になってしまいます。

そのため、食事制限をされるときは筋トレをすることに加えて、タンパク質もしっかりとって筋肉が回復できる栄養を摂ることを心がけましょう。

筋トレをしないと、本当にみるみる筋肉は落ちていきます。

自重トレーニングでも構いませんので、食事制限をされるときは筋トレも一緒に行うようにしましょう。

有酸素運動は補助で

また、腹筋ローラーに限らず、筋トレ全般のカロリー消費はかなり少ないです。

有酸素運動の方がまだカロリー消費が大きいので、消費カロリーを増やすためには有酸素運動を取り入れるのはいいですよ。

ただ、有酸素運動は結構疲れてしまい「今日くらいはいいか」と思って食べてしまう「もうどうでもいいや効果」になってしまう可能性があるためご注意ください。

スポンサードリンク

まとめ

改めてはっきり言いますと腹筋ローラーだけでは痩せません。

筋トレとしては腹筋ローラーは優秀ですが、ベンチプレスだけしていても痩せないのと同じで腹筋ローラーだけしていても痩せません。

痩せるためには食事制限や補助的に有酸素運動をするなどの方法をとるしかないと思っていただけると良いと思います。

ユーチューバーのサイヤマングレート氏は腹筋ローラーで有名で、腹筋バキバキで痩せてますが、減量と筋トレをしっかりしているからこそ体脂肪率も低く痩せられています。

決して、腹筋ローラーをしているから痩せているわけではないのでご注意くださいね。

関連記事

食事制限には筋トレとタンパク質の摂取が重要とお伝えしました。

カロリーを控えつつ、タンパク質をとるにはプロテインを飲むことが一番適切です!

その中でもホエイプロテインを飲むことがお勧めです、こちらの記事をご覧いただきお役に立てればと思います。

また、食事制限をするために1食を何かに置き換えるという置き換えダイエットという方法があります。

例えば朝食をプロテインに置き換えるなどという方法が結構おすすめです。

カロリーも減らせますし、タンパク質も取れるため一度ご覧になられるのをおすすめします。

あとは、筋肉が落ちないことがきれいに痩せるためには重要です。

逆を返すと、筋肉が落ちてしまう行動をとるとダイエットは失敗に終わるといっても過言ではありません。

こんなことをするとNGという筋肉が落ちるパターンについてまとめましたので、こちらも合わせてご覧ください。