予防・回復

筋肉痛にお風呂は効果的?ストレッチやマッサージとの組み合わせがグッド!

筋肉痛の時にお風呂に入ることでよい効果はあるのでしょうか?

なんかよさそうな気がしますが、どんな入り方をしたらいいのか、筋肉痛の時にお風呂に入ることでどんな効果があるのかというところが良くわかりませんよね。

そのため、筋肉痛でお風呂に入ることでの効果をお伝えいたします。

筋肉痛へのお風呂の効果

血行が良くなる

筋肉痛の時にお風呂に入ることで血行が促進して回復に役立てることができます。

血行が良くなると以下の2つの点が効果的です。

  • 疲労物質の除去
  • アミノ酸などの栄養を筋肉へ運ぶ

血行を良くすることが筋肉痛に効果的なので、お風呂だけでなくストレッチやマッサージも効果的なので、お風呂と一緒に組み合わせて使いたいですね。

血行を良くして筋肉痛に効果的なお風呂の入り方については次でお伝えします。

スポンサードリンク

筋肉痛の時のお風呂の入り方

38~40度のぬるま湯

熱いお風呂だと交感神経優位になるため、38~40度のぬるま湯につかることで副交感神経優位になり、リラックスモードになれるのでぬるま湯に入るようにされるのが良いですよ。

緊張状態ですと体も筋肉も緊張するため、余計に体がこわばってしまいます。

そのためリラックスするためには少しぬるま湯につかるのが良いですよ。

ただ、いつも熱めのお湯につかっている方にとっては少し寒いと感じることもありますので、風邪には注意してください。

半身浴がおすすめ

心臓より上に湯船が使っていると心臓に負担がかかってしまいます。そのためできれば半身浴かみぞおちくらいまでで入られるのが良いとされています。

ただ、肩までつかることで温まったりリラックスしたりという事を求めていらっしゃるのであれば肩までつかるのも個人的には良いのではないかと思います。

私は肩までつかる派です。肩まで湯船につかった方が入った気にもなりますしポカポカして湯冷めもしにくいイメージです。

筋肉痛に良いかというところでいうと個人的にはお風呂に入って血行が良くなるのであれば半身浴であろうと、肩までつかろうとどちらでもよいのかなと思います。

お湯と冷水の交互浴

筋肉痛の部位にお湯と冷水を交互にかけるという方法があります。

これは筋肉痛の部分に冷水をかけていったん血行を悪くしてからお湯をかけたり湯船につかることで抹消部分の血管まで血の巡りを良くさせて血行をさらに良くするという方法です。

冷水を当てるのは10秒ほどでよいと思います。冷たいですし10秒ほどでも冷水を当てた後にかなり当てた部位がポカポカしてきますのでおすすめですよ。

一般的には5回ほど冷水とお湯を繰り返すとよいとされています。

人によってさまざまだと思いますので、ぜひ試されてみてください。

私は筋肉痛の時には昔から風呂上りに冷水をかけてから出るようにしています。

長湯・長風呂はNG

長湯をしてしまうと逆に体が疲労してしまって、疲労物質がたまってしまうので筋肉痛を回復させるどころではなくなってしまいます。

そのため、筋肉痛になられているときに限らず、運動で疲れているときには長湯は避けた方が良いですよ。

最低でも30分~1時間には出た方が良いですよ。そこまで長くつかるのって正直しんどいですので。

個人的には長く使っていたら息が上がってお湯につかっていられなくなって限界を迎えてしまいます。そのため長湯をする心配はないのですが、長くお風呂につかっているのがお好きな方はご注意されるとよいと思います。

シャワーはそれほど効果なし

シャワーは湯船につかるほどの効果はありません。

体の表面をあったかいお湯で流すことができますが、深部まで温めて血行を良くするのであれば湯船につかったほうが効果は高いです。

スポンサードリンク

筋肉痛でお風呂と合わせてストレッチ・マッサージ

ストレッチ

血行を良くした後にお風呂上りにストレッチをされるのも筋肉痛には効果的ですよ

ストレッチもやり方を間違えると筋肉痛に悪影響がありますので、やり方には気を付けてストレッチをしてくださいね。

湯船での軽いマッサージ

湯船に入っているときに軽いマッサージも血行を促進させてくれるので効果があります。

強くぐりぐりマッサージすると逆に揉み返し見たいに悪化する場合があるので、あくまで軽くマッサージするのが良いですよ。

私も太ももやふくらはぎが筋肉痛になったらお風呂に入ってマッサージしていたのを覚えています。(今もしているのですが、昔は特にしていました)早く良くなってほしい一心でやっていたのを覚えています。

強くし過ぎたら逆効果ですので早く治したい方も焦らず軽くマッサージされるのをお勧めしますよ。

スポンサードリンク

まとめ

筋肉痛へのお風呂の効果と気を付けておきたい点をお伝えいたしました。

筋肉痛へのお風呂の効果
  • 効果:血行の促進
  • 入り方:38~40度のぬるま湯、心臓より下の高さの湯船、冷水とお湯の交互浴、長風呂しない。
  • 組み合わせて効果あり
  • ストレッチ・マッサージ:血行促進

筋肉痛は早く治したいと思いますので、お風呂だけでなくいろんな方法を使って早く治されるとよいですね!