プロテイン

ソイプロテインは男性にはメリットとデメリットが!使い方が重要!

男性ソイプロテインを飲んではダメ!」という記事をたまに見かけます。

しかし、ソイプロテインの原料の大豆って日本人に馴染みの深い食材ですし、男女問わず多くの方に愛用されている食品ですよね。

大豆タンパク質やイソフラボンの効果は様々あり、メリットがある部分もあればデメリットにもなりかねない部分もあります。

では、その大豆から作られるソイプロテインは男性にとってどういったメリット・デメリットがあるのかをお伝えしていきます。

ソイプロテインは男性にメリットはある?

ソイプロテインは大豆からできており、大豆タンパク質やイソフラボンの効果が着目できるポイントです。

  • 大豆タンパク質の効果:脂肪燃焼、血中コレステロール値の低下、満腹感
  • イソフラボン:脂肪燃焼、エストロゲンの1/1000の効果、骨からカルシウムの溶出防止、筋肉増加の防止

これらの効果があるので、使い方次第では男性でも十分役立つポイントがあるわけです。

ダイエット・減量

ダイエットや減量をされている方はソイプロテインを運動後や栄養補給として飲まれることにメリットがあります。

脂肪燃焼効果があるため、脂肪を落としたい方にとっては非常にありがたいですね。

ソイプロテインの大豆たんぱく質は満腹感を感じるため、ダイエットや減量時の食べ過ぎ防止にも役立ちますね。

また体重制限のあるスポーツ(ボクシング、レスリング、柔道など)で減量される方であれば、運動や筋トレをすることで筋肉がついて体重が増量してしまう事や、体重が落としにくくなることに心配される方もいらっしゃると思います。

水分を抜いたら脂肪の燃焼は比較的やりやすいですが、筋肉まで落とすのはなかなか大変です。

しかしながら、筋肉量が落ちるとパフォーマンスも変わってくるので、通常は筋肉量を増やし過ぎず、減量時には筋肉量を落とさず減量する事がポイントになってくるわけですね。

ソイプロテインは筋肉の増加を妨げてくれるので、筋肉量はそのままで減量をすることが期待できますよ。

体調面やパフォーマンス面を考えると、筋肉量を落としてまで体重を減らすのおすすめしづらいです。

そのため筋トレなどを併用して筋肉量や筋力を落とさずに減量をされることをお勧めします。

肥満・メタボ

メタボや肥満の方で運動をされている方にもソイプロテインはおすすめします

まずは肥満であれば脂肪を落とすことから始まるのかと思います。しっかり落とさないとそれこそ糖尿病などを併発してしまうかもしれません。

ソイプロテインの原料である大豆は脂肪燃焼の効果と合わせて血中コレステロール値を減少させてくれる作用があります。

肥満の方はどうしてもコレステロール値が高いと思いますので、コレステロール値を下げることにも一役買いますので、肥満の男性には良いですね。

私も10キロほどダイエットした事がありますが、もう少し早くソイプロテインを知っていたら、、、と思います。

満腹感を感じる事も出来るため食事の量を減らす事にも繋がりますのでさらに嬉しいですね。

肥満の方だけでなく夏に向けて、減量される方にもソイプロテインは良いですね。

薄毛や体毛

大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと1/1000の割合で似た作用を起こします。

1/1000ほどですのであくまで微々たる量ですが、エストロゲンは男性ホルモンを抑制する働きがあります。

男性ホルモンは多いと薄毛や体毛の濃さに影響しますので、男性ホルモンが抑制されると薄毛や体毛の濃さに影響ありと考えて良いと思います。

ただ、しつこいようですがイソフラボンの効果はエストロゲンの1/1000ですのであくまで気休めに考えてもらった方が良いですよ。

根本的な解決はソイプロテインではなく、別で行われるとよいと思います。

男性におすすめの場合をまとめると?

ソイプロテインが男性にメリットがある場合をまとめました。

基本的に脂肪燃焼したい方、女性ホルモンが多いと嬉しい方という考えで行くと、以下の方々が該当するのかと思います。

減量・ダイエット:脂肪燃焼、満腹感が有効

肥満、メタボ:コレステロール値の低下

薄毛や体毛(効果は薄い):男性ホルモンを気持ち抑制するため

ソイプロテインで男性にデメリットになる場合はある?

ソイプロテインが男性にとってデメリットになる場合も当然出てきます。

良い面は逆を返せば悪い面として考えられるので、ソイプロテインを飲まれる方にとってはデメリットになってしまうという事ですね。

逆に、牛乳からできているホエイプロテインやカゼインプロテインもデメリットになる方がいらっしゃることもあるという事ですね。

では、どういった場合に男性にとってデメリットになるのかお伝えしていきます。

筋肉量アップ・増量

ソイプロテインに含まれているイソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンに似た作用を1/1000ほどの効果として出します。

エストロゲンは男性ホルモンであるテストステロンの働きを妨げるため、筋肉の増加に影響がある可能性があります。

ただ、エストロゲンの1/1000なので、どこまで筋肉の増加に影響があるかは少し考えどころです。あまり気にしなくても良いかもしれませんが。

増量をされるのであれば、牛乳からできているホエイプロテイン・カゼインプロテインが良いのではないかと思いますよ。

増量期にはホエイプロテインで、減量期にはソイプロテインでという具合で使い分けを行うと良いと思いますよ。

例えばですが、夏に向けて投げる体を作ろうと筋トレしている方でしたら春先までがっつり筋肉量を増やして、夏にかけて減量する時にソイプロテインに変えるのも一つの方法ですね。

筋肉量アップや増量にはソイプロテインではなく、ホエイ・カゼインプロテイン

まとめ

ソイプロテインが男性にとってメリットになる場合とデメリットになる場合をお伝えしてきました。簡単ですが、まとめますと以下になります。

ソイプロテインと男性
  • メリット:減量・ダイエット期、メタボ、体毛
  • デメリット:増量期

ソイプロテインについて、いろいろ調べてお伝えしています。

以下の記事も合わせてご覧いただき、役立てていただけると嬉しいです。