ホエイ

ホエイプロテインとは?種類の違い・吸収時間はどれくらい?

ホエイプロテインとは、どんなプロテインかご存知でしょうか?

プロテインの種類には大きく3つあり、ホエイプロテイン、カゼインプロテイン、ソイプロテインと分類できます。

その中で一番よく販売されていて筋トレや運動をされる方の多くの方に飲まれているのがホエイプロテインかと思われます。

そのホエイプロテインはどんなものなのか、という事をお伝えしていきますね。

ホエイプロテインとは?

そもそもどんなプロテインなのか?という疑問についてお伝えしていきます。

牛乳のタンパク質が原料

ホエイプロテインは牛乳のタンパク質を原料としているプロテインです

牛乳のタンパク質はホエイとカゼインがあり、水溶性タンパク質がホエイ、固形成分がカゼインです。

ヨーグルトにもタンパク質が含まれていて、ヨーグルトの上澄みの水分がホエイなのです。

このように牛乳を原料としていて乳タンパク質の水溶性タンパク質を使用しているのがホエイプロテインという事ですね。

牛乳由来なので、牛乳に含まれる「乳糖」というものも基本的には含まれています。

そのため、牛乳でお腹を下しやすい方はプロテインでも同じくお腹が緩くなるかもしれませんよ。

一番よく流通している

一般的に売られている「プロテイン」の多くがホエイです。

製品のパッケージを見ると「ホエイプロテイン」と書かれているので、見分けは良くつきますよ。

例えば「ザバス」のブランドで販売されているプロテインはホエイがほとんどで、ソイプロテインが少しという具合です。

その他のDNSやビーレジェンドなどのプロテインもほとんどがホエイですね。

ソイプロテインはダイエットや減量用にとして販売されていますが使われる人口の割合が少ないため、種類としてもホエイよりかは少ないですね。

このように、各メーカーのプロテインの多くはホエイプロテインですね。

スポンサードリンク

WPC・WPI・WPHの種類の違い

ホエイプロテインには製法に違いがあり、製法によって特徴が異なってきます。

先ほどお伝えした牛乳の「乳糖」も製法によっては少なくできるので、牛乳でお腹を下しやすい方は製法にもこだわって飲まれると良いですね。

WPC製法

WPCとは「ホエイプロテインコンセントレイト」と呼び、多くに使われている方法です。

メリットとしては、牛乳に含まれているビタミンやミネラルを多く残すことができるところです。

さらに、ホエイプロテインの製法の中では比較的価格が安いものになります。

逆にデメリットとしては、牛乳でお腹を下しやすい方の原因の一つの「乳糖」が残ってしまう事です。

私は特にお腹を壊すこともないので、このWPC製法で作られているものを飲んでいます。

WPI

WPIとは「ホエイプロテイン アイソレート」と呼ばれる製法で、タンパク質以外の成分を除去する製法です。

それでもタンパク質以外の成分は少しは残りますが、先ほどお伝えした牛乳でお腹を下しやすい方の原因の「乳糖」もほとんどなくすことができます。(少しは残りますが)

牛乳に含まれる「乳糖」でお腹を下しやすい方は、いわゆる乳糖不耐症の不安がある方ですが、その乳糖不耐症の方にはWPI製法を飲まれるのがお勧めですね。

WPI製法はデメリットとしては価格が少し高い事です

価格は高いですが、お腹を下したくない方はWPI製法を選ばれると良いですよ。

WPI製法のホエイプロテインによって、体にあう、合わないがありますのでWPIのプロテインにしたら完全にお腹を下すことがなくなるというわけではありませんので、ご注意ください。

WPH

WPH製法とは「ホエイプロテイン ハイドロイセイト」と呼ばれ、加水分解を使ってタンパク質を抽出している製法です。

メリットとしては、乳糖が少ないこと、タンパク質が「ペプチド」まで分解されているので通常のホエイプロテインよりさらに吸収が早いことがあげられます。

デメリットとしては、製法上、コストがかかるためWPCよりも価格が高めになります。

スポンサードリンク

ホエイプロテインの吸収時間はどれくらい?

出典 Boirie Y et al., Proc. Natl. Acad. Sci. USA94, 14930-5(1997)

https://www.meiji.co.jp/milk-protein/property/article-3-2.html

この表のように、ホエイプロテインの吸収時間は、30分~180分が筋肉への吸収率が高まっている時間になります。

吸収が早いといわれますが、明確に示しているデータがこの出典くらいしか探しきれませんでした。しかしながら、吸収が早いということの裏打ちになりますね。

筋トレ後は筋肉の合成が高まっているタイミングで、この時に体へタンパク質を補給するとより合成が高まるため、30分以内に飲むことは効果的という事ですね。

スポンサードリンク

まとめ

ホエイプロテインとはなんぞや?という事や、種類などについてお伝えしてきました。

まとめますと以下になります。

ホエイプロテインとは?
  • 原料:牛乳。ヨーグルトの上澄み部分もホエイ。
  • 種類:WPC・WPI・WPHと製法があり、それぞれ値段や特徴が異なります。
  • 吸収時間:30~180分が吸収が高まっている時間帯です。

また、こちらの記事も合わせてご覧いただければと思います。