豆知識

プロテインの泡を消す方法!飲まないなら捨てるのも仕方ない?

プロテインを作るときにシェイクすると多かれすくなかれ「」ってできてしまいますよね。

シェイカーに入れてガシャガシャと振るのが一種のトレーニーのステータス的なところもありますが、泡があると飲みづらいですよね。できるだけ泡は少なくしたいですよね。

そこで、プロテインの泡についてお伝えしていきます。

プロテインの泡には栄養はある?

プロテインの泡には栄養はほとんどありません。

泡自体は液体に空気が混ざって膨らんでできるものですので、泡には空気がほとんどです。

泡になると体積も大きくなって「この泡にもたくさん栄養が詰まっているのでは?」と思ってしまいがちです。

泡のもとになる液体はプロテインが混ざったものですが、シェイクしたプロテインのほとんどが液状のところに栄養はあるため、泡はそこまで気にせずとも良いでしょう。

プロテインの泡にはほとんど栄養はない!

泡があると非常に飲みづらくなってしまいます。

泡を飲まない事や泡を消す、泡立たせないという方法もありますので、泡の栄養については気にせず、プロテインを飲みやすくすることを考えると良いですよ。

スポンサードリンク

プロテインは泡立つと飲みづらい!

プロテインの泡があると飲みづらさがどうしても出てしまいます。

泡の部分が上唇と鼻の下について「牛乳ひげ」のようになってしまいます。

そうなってひげになってついてしまうと、プロテインは意外とべたべたしていることが多いので水で流したりしないとなかなかとりづらいです。

最後の泡部分まで飲むと、空気を飲んでいることに近いのでかなりお腹が張ってしまいます。

げっぷが出そうになったりしますので、気持ち悪くなるかもしれないので飲みづらい方はやめておいた方が良いですよ。

なので、泡部分を消す方法を試されるのも良いかもしれませんね。

もしくは、飲みづらいまま飲んだ後には泡がシェイカーの中に残るので、泡を捨てるという事も一つですね。

プロテインの泡は上唇について牛乳ひげみたいになるし、全部飲むとおなかがパンパンになることも!

スポンサードリンク

プロテインの泡は捨てるのはあり?

プロテインの泡については捨てるのは「あり」だと思います。

飲んだ後に泡が残ってしまったとしても、プロテインとして飲むべきところは液体部分なので、流して捨ててしまっても良いでしょう。

「最後の一滴までプロテインを飲みたい!」という方は、残った泡に水を入れて再度シェイクして泡を消して飲むのも一つですし、最初から泡立たないようにプロテインを作って飲むという事も考えた方が良いですね。

先ほどもお伝えしたように、最後の残った泡を飲むのは空気を飲んでいるのとほぼ変わりませんので、お腹が張ってげっぷが出そうになります。

少し気持ち悪くなってしまうかもしれませんので、捨てることは悪いことではありませんよ。

一滴もプロテインを逃さない!という猛者以外は捨ててしまってもOK

スポンサードリンク

プロテインの泡を消す方法

プロテインの泡を消す方法についてはいろいろとネットにもありますが、シンプルにできる方法を2つお伝えします。

プロテインの泡を消す方法
  1. 泡を消す方法
  2. 泡立ちせずに作る方法

プロテインによってはどっちの方法も併用して作るのも良いと思いますので、試してみてください。

1:泡立ちが収まるのを待つ(泡を消す)

この方法は単純にプロテインを作った後に、泡が消えるのを自然と待つという方法です。

だいたいのプロテインは泡立ちが収まるのをまっていたら泡は消えていきます。

どれくらい待つかといいますと、プロテインの種類によりますがだいたい1~2分くらい置いておいたらけっこう泡は消えています。

それでも泡が消えなかったら2へ移ります。

待っていれば泡は消える!1~2分たって消えなかったら次へ!

2:待っても消えなかったらぐるぐる回す(さらに泡を消す)

ただ、プロテインの種類によっては泡立ちが全く消えないプロテインもありました。

そんなときは、シェイカーの中の液体をぐるぐる回してやることで、泡立ちは消えていきます。

例えば、「ザバスアクアホエイプロテイン100」を飲んでいた時は、全くもって泡が消える気配もありませんでした。(このプロテイン自体はすっきりして非常に飲みやすいのですが、泡だけが難点でした。飲みやすいんですがね・・・)

その時にやった方法なのですが、シェイカーの蓋を閉じて、ぐるぐる中の液体で渦を作るようにして回してあげることで泡を消すという事も可能です。

これで待っても消えない泡もきれいに消えてくれます!

待っても消えないしつこい泡はぐるぐる回す!

3:振らずに回す(泡を作らない)

そもそもプロテインを作るときに泡ができるからいけないんだ!という事で、泡立たずにプロテインを作るという方法もお伝えしておきます。

泡立たずにプロテインを作る方法ですが、シェイカーをガシャガシャ振るのではなく、シェイカーの蓋の部分をもって手首を使ってぐるぐる回して混ぜる方法です。

イメージとしては、ミキサーで混ぜているようにシェイカーの中で渦ができるようなイメージで回してやります。

こうすることで、空気がプロテインの中に入ることが少なくなり、泡立ちもほとんど起きずにプロテインを作ることができます!

最近のプロテインは非常に水に溶けやすくなっていますので、この方法でも十分溶けますよ。

泡立たせずにプロテインを作るには、振るのではなく回す!

まとめ

プロテインを作るときにできる宿命の「泡」についてお伝えしてきました。

泡があると飲みづらくもなりますが、一工夫することで泡を消すことも可能です。

せっかく買ったプロテインですから、一滴残らず飲んで筋肉に変えていけるといいですね!

プロテインと泡
  • 泡に栄養はある?:空気がほとんどだから栄養はほとんどない
  • 泡があると飲みにくい:鼻の下につく、げっぷも出そうになる
  • 泡対策:泡を消す、泡立たせないように作る